curtain stylemaplinkmap

お部屋別カーテンチョイス

カーテンを選ぶ時、どのお部屋にカーテンを着けるかによっても選ぶポイントは全く違ってくるはず!ここでは、リビングやキッチン、寝室など各お部屋にあったカーテンの選び方をご紹介していきます。是非参考にしてみて下さいね!!

リビング・ダイニングのカーテン

みんなが集まるお部屋でもあるリビングは、明るい印象を与えてくれるカーテンが一番良いでしょう。リビングに黒やダークブラウンなどのカーテンを持ってくると威圧感を感じたり暗いイメージになってしまいます。リビングは、テレビを見たり、お茶を飲んだりとゆったりするくつろぎの場でもありますから、アイボリーや薄いピンクなどのパステルカラーのカーテンが最適です。素材もあまり重量感のある物ではなく、ポリエステルやレーヨンなどのドレープ感がある素材が清潔感を与えてくれます。そして、たばこや食べ物などのにおいを消してくれる消臭カーテンも最適でしょう。また、壁やフローリングの色とカーテンの色を合わせることで一体感が生まれたりお部屋自体を広く見せる効果がありますので試してみて下さいね。

寝室のカーテン

寝室はやはり1日の疲れを取るために睡眠する場所ですから、落ち着いたイメージのあるカーテンが一番良いでしょう。寝室なのに、ポップな柄や赤や黄色などの派手な色だと安らぐことが出来ませんよね。寝室の色はあなたが落ち着ける色やデザインを優先して選ぶと良いでしょう。近年の流行として、寝室にグリーン系のカーテンを着ける方が増えているようです。その理由の大半が落ち着ける・癒される・さわやかという意見でした。また、外からの光を防ぎたいと言う方には遮光カーテン、外からの騒音を防ぎたい方には防音カーテンがおすすめです。

子供部屋のカーテン

昔から女の子のお部屋のカーテンはピンク色、男の子のお部屋のカーテンの色は水色というようなイメージが定着していますが、子供部屋のカーテンは、基本的にその子供が好きな色やキャラクターのカーテンでOKだと思います。自分が選んだカーテンと言うだけで子供はテンションが上がりますからね☆子供部屋のカーテンは汚れるのが早いので、ウォッシャブル機能の付いたカーテンだとお家の洗濯機で手軽に洗うことができてとても便利ですよ。

書斎・仕事部屋

書斎や仕事部屋などと言った集中して何かをするようなお部屋では、派手な柄や色は避けるべきでしょう。ブラウン系のカーテンは集中力を高める効果があるようです。また、グリーン系のカーテンは気持ちを落ち着かせてくれる効果があるんだとか・・・。読書をしたりする場合には最適かもしれないですね!ほかにも、仕事に集中するために外からの騒音を防ぐ防音カーテンも良いでしょう。

Valuable information


愛知でエコキュート工事なら


企業内保育園の業者を見つける際にお役立てください



Last update:2020/9/7

 

Copyright(C) 2008 curtain style All rights reserved.